「異性として見れない」と言われる男性の特徴とその理由

異性として見れない男

異性として見れない。
男って感じがしない。

女性からすると必ずしも悪い意味で言っているわけではないんですが、気になる女性から言われたらショックな言葉です。

遠まわしに「恋愛対象外」と言われているようなものですからね。

そもそも何故、「異性として見れない」なんて言うんでしょうか。

その理由と異性として意識しにくい男性の特徴、そして異性として見てもらうためのコツをお伝えして行きます。

気になる女性にどうも異性として見られていない感じがする、もしくはハッキリと異性として見られないと言われてしまった方。

諦めるのはまだ早いです!

今からでも「男性」を意識させることは十分可能。

ですので、ぜひ今回の記事を参考にして距離を縮めてください!

女性が「異性として見れない」と言うのは何故?

女性が「異性として見れない」と言うのは何故?

まず女性が「異性として見れない」という発言に至る理由を解説します。

単純に男性として意識できないという以外にも、色々と意味を持っている言葉なので、まずはどんな意味で言われたのかを見極めることが大切です。

本当に友達にしか思えない

性別に関わらず、相手を友達としてか捉えていないというパターン。

女性側は友達と思っていたのに、男性は異性として好きになったということですね。

友達なのでハッキリ振るのも気が引けるし、やんわりと断りたいときに

異性として見れない。
大事な友達だと思ってる。

という言い方になります。

付き合っている女性が気を許しているのは良い雰囲気というより、友達として仲良くなりすぎて、異性を感じられなくなっていることが多いので注意。

このパターンではここからの距離の詰めかたによっては、恋愛関係になれる可能性が十分にあります。

異性に見えないわけじゃないけど、好きにはなれない

決して異性として見ていないわけじゃないけど、恋愛相手として好きにはなれないので穏便に断っている場合。

いい人なんだけど彼氏としてはちょっと…

こういう場合に、相手を傷つけないように異性として見れないと言うことがあるんです。

異性として捉えた上で断られているので、完全に振られています。

上の「友達にしか見えない」パターンよりも、上手く行く確率は低め。

もし嫌われているなら、もっとハッキリお断りするので、可能性がゼロとは言えないですが…

何が自分に足りていないのか、相手が異性に求めているものは何なのかを考えることで、恋人関係へ進めるヒントが見えてきますよ。

告白されないように予防している

こちらは異性として意識しているからこそ、「異性として見れない」が出てくるパターン。

私も気になる男性に言われたことがありますが、「恋愛対象として見れない」というアピールは破壊力のある断り方です。

「あなたとは恋愛関係になれない」と、あらかじめ伝えて、告白させないようにしているんです。

付き合ってはいないけど、いい感じだった女性が、

○○くんってホント話しやすいよね、男って感じがしなくて女友達みたい

そう言うのは、あなたからの好意を感じて、それ以上男女の関係を狭めないようにしている可能性が。

告白をしていないのに、相手から異性に感じないアピールをされるのは、残念ながら彼氏になれるまでかなり遠い証拠です。

POINT
女性からの「異性として見れない」は、単純に異性に感じないと言っているだけではなく、色々な意味を含んでいます。

今までの関係から言葉の意味をジックリと考えることで、その後の付き合い方や距離の詰め方も変わってきますね。

まずはどんな意味で異性に感じないと言われたのか、考えてみることが大切です。

女性が異性として見れない男性の特徴

女性が異性として見れない男性の特徴

次に女性から見て、恋愛対象として見れないと感じる人の特徴をお伝えします。

「友達としてはいいけど彼氏としてはちょっと…」となるには、理由があることが大半。

自分に当てはまっていないか、チェックしてみてください。

「いい人だよね」とよく言われる

○○さんっていい人だよね~

そう言われる方。
恋愛対象外になる代表です!

女性が恋人に求める条件として「優しい男性」は入るのに、「いい人」はどうしてダメなのか?

これは、誰に対して優しいかがポイント。

女性が求める「優しさ」は、基本的に自分(その女性)に対しての優しさです。

それに対して「いい人」は、誰に対しても優しい対応。

自分に対して特別感がない、誰にでも優しい八方美人は、男女共に恋愛対象になりにくいです。

誰にでも優しいことは素晴らしいこと。

もちろんそうなんですが、気になる女性がいるときには、優しさの焦点を絞った方が良いですね。

話がお笑い的に面白い人

「面白い人」には何種類かありますが、ここで言うのはコメディアン的な面白さ。
合コンで盛り上げ役になってしまうタイプですね。

面白い人がモテないというわけではないんですが、基本的に女性が好きなのは「話が面白い人」ということ。

身体を張ったギャグなどで場を盛り上げてくれる人は貴重ではあるものの、異性としては意識しにくいです。

面白さとモテを両立させたいなら、自分を下げないトークを磨くのがオススメ。

外見や性格が女性っぽい

今は線の細い男性が多いですし、いわゆるジェンダーレス(性別にこだわらない)な服装を好む男女は珍しくありません。

女性っぽいレギンスやふんわりとしたトップスなどを好む男性もいますが、ちょっと苦手に感じる女性もいます。

ベリーショートヘアなど、男性らしい髪型の女性を苦手とする男性がいるのと同じですね。

服装は似合っていればOKという人も多いですが、それよりもNGなのは、性格が女性っぽいこと。

女性っぽいというのは色んな女性がいるので語弊がありますが、具体的にはこちら。

  • なよなよしている
  • 優柔不断
  • 細かいことを気にしすぎる

上記は好かれないです。

性格を変えることは難しいと思います。

ですので、まずは背筋を伸ばしてシャキッとする事を続けるだけでも、女性っぽさは変わりますよ。

徐々に、決断力や包容力など、男らしさをつけていくのが良いですね。

相手と年齢が離れすぎている

25歳の年齢差がある市村正親と篠原涼子のカップルのように、年が離れていても恋愛関係になるのは十分にあり得ること。

この場合は、極端ですが、パートナーと7歳離れていると聞くと「結構、年が違うね」と思う方が多いハズ。

仮にあなたが年齢差に抵抗がなかったとしても、女性が「恋愛対象外」の年齢と感じている可能性があります。

若い女性にその傾向が強いです。

10歳以上違う場合、親の方が年が近いということになりかねず、そうなるとなかなか男性としては見れません。

女性が年上の場合、ぐいぐいアプローチすることで結構簡単に落ちますが、女性の方が年下だと結構難関。

まずは見た目を若々しく整えてから挑みましょう。

女友達はたくさんいるのに恋愛が上手く行かない・仲良くはなれるけど恋愛対象になれない…という方は、上記の特徴に当てはまっている可能性が高いです。

どれも人間的に欠点があるわけではないんですが、女性の恋愛対象としてはちょっと弱いんです。

ただ工夫次第で恋愛対象になれるものばかりなので、自分がどうして恋愛対象にならないのかを考えて対策を立ててみてください。

異性として見てもらうにはどうしたら良い?

異性として見てもらうにはどうしたら良い?

女性から恋愛対象外として扱われてしまったら、諦めてしまう人も多いと思います。

ですが、まだチャンスはあります。

友達のような関係のカップル・夫婦もいるので、恋愛関係と友達の中間の関係になるのは全然あり得る話。

そもそも、嫌いだったり生理的に受け付けない場合は「異性として見れない」なんて言わず、もっとハッキリ断ります。

好意を伝えた時点で、ただの友達ではなくなるので、異性として意識させるチャンスとも言えます。

異性として見れないと言われてからの距離の詰め方を4つお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

断られた以上はあまり押しすぎない

まず目標にするべきことは、友達関係の維持

一番避けるべきなのは、気まずくなって距離が開いてしまうことです。

友達関係さえキープしていれば、距離をつめる機会はいくらでもあります。

告白やアプローチを断った方からは普通にしにくいので、男性から普段通りにふるまう必要が。

時間が経てば経つほど気まずくなってしまうので、早々に普段通りにふるまうのが吉。

友達として付き合っていれば、さりげなく恋愛の話を振って、好みのタイプや理想の彼氏像などを聞き出すチャンスもありますよ。

共通の友達に、過去の彼氏がどんな人だったか聞いてみるのも参考になりますね。

「異性」をより相手に意識させる

そうは言っても急に態度を変えると警戒されるのでさりげなく。

単純なことですが、

  • 重いものを持ってあげる
  • 車道側を歩く
  • 高いところの物を取ってあげる…

上記は、女子がされて嬉しいこと。

また筋肉ムキムキなのは意外に嫌がる女性も多いですが、腕まくりしたときに筋肉がチラリと見えるのは好まれます。

ヒョロヒョロもしくはムチムチ。

そういう方は、少しずつで良いので腕を鍛えておくとふとした瞬間に女性をキュンとさせることができますよ。

外見・内面共にワンランク上の男を目指す

どんなに友達として仲良くなっても男女は男女。

彼女の好みにストライクであれば、恋愛感情が芽生えます。

そうならないのは、あなたの何かが好みに合っていないということ。

服装・清潔感・体型・言動…などなど。

見直せることはたくさんあるものです。

仲の良い友人に、何を変えたら良いと思うか聞いてみると、自分では気が付かなかった欠点を見つけられる可能性が高まります。

「ワンランク上の男」と言うと、どうも男らしさを追求したくなるようですが、「男らしさ」をはき違えないように注意してください。

  • ぶっきらぼう
  • おおざっぱ
  • ムキムキの筋肉質

こういうのが男らしいんじゃありません。

女性が好む男らしさは、精神面で懐が広く少しのことで動じない、強い決断力を持っている人のこと。

内面を変えるのは簡単ではないですが、少しずつ「(メンタルが)大きな男」を目指してみてください!

良い雰囲気になったら再度アタック!

一度「異性として見れない」と言われると、なかなか再度告白はしにくいです。

相手としても、どんな距離感で接したら良いか悩んでしまうところ。

ただ、そんな気まずさを乗り越えて、二人きりで夜遅くまで出かける機会があるなど、良い雰囲気になれたら再度アタックしても良い合図。

一度告白されている以上、確実に異性として意識するようになっています。

その上で二人きりで会うようになるということは、恋愛対象として良い感情が芽生えている可能性が大。

焦らずに数回のデートを重ねた上で、「やっぱり諦められない、どうしても好き」と素直に気持ちを伝えてみてください。

「異性として見れない」と言われたら、全てが終わりというわけではありません。

告白した以上はそれ以降異性として意識するようになりますし、その上で今まで通り・今まで以上に親しくできるなら、可能性はまだまだあります。

まずはできるだけ早く元の関係に戻し、その上で再告白に向けて自分を磨いておきましょう!

まとめ

気になる女性に「男として意識できない」「異性として見れない」なんて言われたら、立ち直れないですよね。

POINT
告白もしてないのに、これを言われた場合には、恋愛関係になれる可能性が限りなく低いです。
 
逆に仲良くしていた女性に告白して「異性として見れないから付き合えない」と断られた時は、まだ付き合える可能性が十分にあります。

今まで全く意識していなくても、告白されると男性として意識せざるを得ません。

ただそこから恋愛感情を盛り上げられるかどうかは、それ以降の行動次第。

彼女の好みをリサーチしつつ男として外見と内面を磨き、十分に関係を良くした上で再度アプローチしてください!