LINEで会話が続かないのはなぜ?好きな人とLINEを続けるコツと会話術

LINEはコロナ渦関係なく、気軽に連絡が取りあえて、好きな人との親密度を上げられる便利ツール。

でも「気になる相手とのLINEほど続かない…」と悩む方は多いもの。

なぜLINEの会話が続かないのか?
どんな会話をすれば、女性とのLINEが続くようになるのか?

楽しいラインで会話を続けるコツを、女性目線で教えますね。

好きな人とのLINEを盛り上げる会話術も伝授します!

好きな人と楽しくLINEをして、好感度を高めましょう!

LINEの会話が続かない理由6つ

まずは、なぜラインが続かないのかを考えてみましょう。

LINEが続かない原因は以下の6つ。
実際に私が受け取ったラインを見ながら、紹介します。

相手の興味がない話をしている

相手の興味がない話をしている

この彼、会って話すと楽しんですけどね…
私は車とか全然興味ないです(泣)

結局、既読スルーしちゃいました。

自分だけが楽しい話をしても、LINEが続かないのは当然。

むしろ好きな人とラインするなら、相手の興味がある話題だけでOKです。

会話が盛り上がったときほど、自分のことばかり話していないか要確認ですね。

忙しい時間にLINEをしている

忙しい時間にLINEをしている

LINEが来た時間に注目です。

この時間は当然、朝の準備でバタバタ…
ラインが来たのは知ってましたが、思い出したのは夕方でした(笑)

忙しい時間にLINEをもらっても、返す余裕はありません。

私ならゆっくり過ごしてる、22時以降がやり取り続けやすいですね。

人によって生活パターンが違うので、いつならLINEしやすいか聞いてみましょう。

長文すぎる、または短文すぎる

長文すぎるLINE

あなたも、上のような長文ラインが来たら面倒だと思いませんか?

LINEはテンポが大事です。
長文すぎると返す気持ちがなくなります。

逆に短文すぎるLINEは、中身がなさすぎてウンザリ。

短文すぎるLINE

短文LINEする男性は、返さないと連投してくるので、個人的に一番苦手なタイプですね…

意味のない会話をしている

意味のない会話をしている

3通目で面倒になりスルーしたら、連投来てました(泣)

短文LINEのダルさと似てますが、報告系の意味のない会話はさらに面倒。

「だから何…?」

そう思っちゃいます。

送る前に、自分が送られても返答に困らない内容か考えてみましょう。

あなたに興味がない

ここからは、LINEの内容以外でやり取りが続かないケース。

残念ですが、あなたに興味がなさすぎてLINEが続かないことも…。

正直、好きな人からのラインなら短文でも長文でも一生懸命返します(笑)

脈ナシの気配がするなら、自分から脈アリLINEをするのも手ですよ。

元々LINEが好きじゃない

LINEを続けるのが、シンプルに好きじゃないって人も。

実は私も、ラインより電話の方がいいなって思います。
ちょこちょこスマホ見るの、面倒だなって…

LINEの反応が悪い女の子には、電話の打診をしてみましょう。
電話なら楽しく話せるってこと、意外に多いですよ。

自分が話したいことを話すんじゃなく、相手が返したくなるLINEを意識するのが大事です。

女性とのLINEが続く会話術

女性とのLINEが続く会話術

「LINEを続けたい!盛り上げたい!」

そう思うなら、意識的に会話が続くラインを送りましょう。

女性が楽しくLINEを続けられる会話術を、5つ教えますね。

適度に話題を変える

女性って、男性より飽きっぽいんですよ。
同じ話題を続けると、すぐ飽きちゃう…。

同じ話題が続いてたら、適度に話題を変えましょう。

話題に飽きさせないのが、LINEに飽きさせないコツです。

ただし女性が聞いて欲しそうにしてるのに、話題を変えちゃダメですよ!

以前の会話を持ち出す

女性から言わせてもらうと、男性って人の話を覚えてない!

女「前に〇〇って言ったでしょ?」
男「え?そうだっけ?」

話を覚えてくれてないと、好感度がダダ下がり。
逆に以前の話を覚えてくれてると、嬉しくてもっと話したくなります!

「そういえば前に言ってた〇〇って、どうなったの?」

前のLINEを遡って、以前の話について質問してみましょう。

相手の話と自分の話は8:2

「女性はおしゃべり!」って、最近間違いかもしれないと言われてます。

米アリゾナ大学は7月5日、「女性の方がおしゃべり」という通説を覆す研究結果を発表した。女性が発する単語の数は、1日当たり平均1万6215語だったのに対し、男性は平均1万5669語で、大きな差は見られないという。

引用:「女性の方がおしゃべり」はウソ?――米大学研究

私自身も、最近おしゃべりな男性が多いな~って思います。

でも、女性は聞き上手な男性が好きなんです!

しゃべる数に男女差がなくても、女性のしゃべりたいという気持ちが強いのは事実。

相手の話と自分の話は、8:2の割合を意識しましょう。

スタンプで表すのは感情

スタンプで表すのは感情

言葉の代わりにスタンプを使うと、そこで会話が終わっちゃいます。

LINEを続けたいなら、スタンプは感情の代わりに使いましょう!

例えば喜んでる様子や悲しんでる様子、心配する様子を表すスタンプなど。
文字だと伝わりにくい感情を、スタンプで伝えるイメージです。

スタンプでは便利ツールじゃなく、会話を終わらせる可能性がある危険なものと考えましょう!

返信速度と文字数を合わせる

人によって、好む返信速度は違います。

相手女性が即レスなら、基本は早めに返事します。
逆にゆっくり返事するタイプなら、こちらもゆっくり。

文字数も同じですね。
短文系の相手には短文、長文が多い相手には長めのLINEを。

相手と似た行動を取ることで、好感度も上がります。
これは心理学における、「類似性の法則」というテクニックですよ。

参考:【恋愛心理学】似た者同士が惹かれる~類似性の法則

LINEの内容から気遣いが感じられると、女性はあなたに興味を持ちますよ!

女性とのLINEが盛り上がる話題10選

職に関する話題はテッパン

「好きな人とラインをしたいけど、何を話せばいいのかわからない…」

そんなあなたのために、女性と盛り上がれる話題を教えますね!
話題を切り替えるときの、ヒントにもしてください!

直近の出来事

簡単に会話が続くのが、今日あったことの報告。
相手の報告を聞くのはダルいですが、自分の報告ならしやすいです。

「今日は仕事どうだった?」
「この間出張って言ってたよね、疲れたでしょ?」

相手の仕事や学校のことなどを聞くのが、簡単ですね。
そこから愚痴が出てきたら、しっかり聞いてあげましょう。

共通の趣味

私が個人的に一番盛り上がるのが、趣味についての話題。

「〇〇のアニメ始まったね!1話見た?」
「〇〇の新曲聞いた?」

共通じゃなくても、相手の趣味がわかるなら積極的に話題にしましょう!

ただあなたが全然わからない話題は、出しちゃダメですよ。
話が続かないと、盛り上がれません。

飲食関連

安定して盛り上がれるのが、飲食に関する話です。

「今日の夜、何食べたの?」
「〇〇って話題らしいね、食べたことある?」

食に興味がない人って、そうそういないですからね。
流行りのお店の話題から、デートに誘う流れも作りやすいですよ。

話題のスポット

流行の話題には、乗りたくなるのが女性です。

「昨日テレビで〇〇見たんだけど、すごい人気みたいだね!」
「〇〇って行ったことある?後輩が楽しかったって言ってて気になるんだよね」

インスタ映え系も良いですが、一緒に楽しめるスポットが良いですね。
話題の飲食店の話題もアリです。

共通の知り合い

仕事や学校などで、共通の知り合いがいるなら話題にしちゃいましょう。

「聞いた?〇〇とうとう彼女できたらしいよ!」
「この間〇〇がニンジン食べれないって言いだしてさ~」

人のウワサって盛り上がれますからね(笑)

ただし悪口は絶対ダメです!
女の子を褒めるのも、気を悪くさせますよ。

芸能人やニュースについて

身近なウワサだけじゃなく、ゴシップも女性の大好物(笑)

「俳優の〇〇、電撃結婚らしいね!」
「〇〇の浮気、最低だよね」

相手女性が好きな男性芸能人の恋愛話は、タブーなので注意!
浮気男がダメって話は、印象アップしますよ。

恋バナ

恋愛気分に持ち込むためにも、恋バナを入れたいですね。

「初恋って何歳のときだった?」
「今やってる〇〇ってドラマみたいな恋愛、憧れるよね!」

ドラマの話から繋げるのが、難易度低めですね。
異性として見れない相手でも、恋バナすると意識しちゃうかも。

スマホゲーム

テレビゲームはしない女の子でも、スマホゲームならする子が多いです。

やってるスマホゲームを聞いて、フレンド登録しましょう。

ゲームの話題って、盛り上がりやすいですね。

LINEタンタンやLINEツムツムなどLINEゲームなら、相手のタイムラインでプレイ状況が確認できますよ。

パズルタンタン

「タイムラインで見たけど、〇〇やってるの?
俺も始めたんだよね!」

LINEゲームはプレイヤー同士の協力が多く、接点が増えますよ!

家族のこと

家族を大事にしている人は、女性から好感度高め。

「もうすぐ母親の誕生日なんだけど、何買えばいいと思う?」
「昨日弟と待ち合わせしたら、地下鉄の出口間違って遅刻してきてさ~!」

家族の愚痴や真剣すぎる相談は、返信しにくいのでNG。
プレゼント系は、一緒に買いに行ってもらう話に繋げやすいです。

ファッションについて

センスの高い女性が相手なら、ファッションについて相談してみましょう。

「(写真載せて)コート買いたいんだけど、どっちがいいと思う?」
「今度髪切ろうと思うんだけど、どっちが似合うかな?」

アドバイスしてくれたら、しっかりセンスを褒めること!
次のラインは、アドバイスをもらった結果の報告で盛り上がれます。

もちろん盛り上がる話題は相手によって違うので、好きな話題をリサーチするのも大事です!

好きな人とLINEするときのNG行動

注意点

ラインは小まめなやり取りで、親密度を上げられる便利ツール。

でも使い方によっては、好感度を下げてしまうことも…

好きな人とLINEするときに気を付けて欲しいのは、以下の3つです。

連投する

LINEの連投

ここまで煽ってくる人は、そうはいませんが(笑)
朝のバタバタが落ち着いて一息ついたときに、このLINEを見てゲンナリしました。

会話の付け足しなら良いですが、返事を促す連投は絶対NG!

「お~い!」
「返事まだ?」

文字もダメですが、スタンプもダメですよ。

既読スルー

既読」ってつくの、LINEの欠点だと思ってます…。
誰だって既読無視されたら、気分悪いですよね。

すぐに返事ができないときは、既読をつけないように工夫しましょう。

どうしても内容が読みたいなら、機内モードにすれば既読はつきませんよ。

やり取り中にLINEを開きっぱなしにしていると、それだけで既読になっちゃうので注意!

長続きすることにこだわりすぎる

私の知人男性にもいるんですが…
LINEを続けることにこだわるのは、本末転倒!

会話を長引かせようと、ダラダラ中身のない会話…
正直、めんどくさいと思っちゃいます。

大事なのは長くLINEすることじゃなく、楽しくLINEすること。

会話を続けることにこだわらず、好感度を上げることを意識しましょう。

時には「今日は疲れてるみたいだから、早めに寝た方がいいんじゃない?」なんて気遣いで、早めにLINEを切り上げるのも効果的です。

まとめ

会えなくても親密度を増していこう

LINEは電話やメールと違って、ちょっとした空き時間でコミュニケーション取れる便利なツール。

少しずつでも会話を重ねることで、親密度はどんどんアップします。

ここで紹介したテクニックを使って、好きな人とのLINEを盛り上げましょう。

まずは楽しくLINEをすることを意識してください!